町会の人手が足りません

世間は高齢化が進み、町会の活動においてもこの問題は深刻化してきました。

何しろ人手が足りません。

昨年、一昨年と中止になった町会盆踊り大会

人手があれば実施できた筈なのです。

ひとえに人手が足りず、テントの設営や出店の運営などに支障を来す段階まで来てしまいました。

実際、町会の今後についての話し合いの場にて、町会を畳もうか、という話まで出て来ています。

 

このまま町会の高齢化が進めば、町会の活動も縮小していき、ご近所様とのつながりも失われていきます。

向こう三軒両隣をお互い誰も知らない、そんな社会になってしまいそうです。

 

それは嫌なのです。

私を育ててくれた地域の活動

町会盆踊り、新年の餅つき大会、地区体育祭、クラブ活動などの地域の集まり

かつて享受したこれらの活動は、今の私を構成する大切なパーツ。

これらを全て復活させたいのです。

 

まずは現状を、ありのままに公にする事から。

皆様のご支援を頂ければ幸いです。