恐らく町会名簿を自費で作成しても、そんなに高額にはなりません

個人情報保護法が施行されてから何かと面倒になった町会名簿にまつわる問題

 

この町会では、町会名簿の作成に際し、印刷業者が広告主を募り、広告主による広告掲載費によって印刷の費用を賄うといった昔からある手法で作成されてきました。

今回も例にもれず、この手法で進めている所ではありますが

 

町会の賛助会員の事業主様より、「印刷業者からの広告費の営業が非常にうっとおしく迷惑だ」とのご指摘が。

 

この、広告主を募り、町会には無負担で名簿の作成を提供する方法

個人情報保護法の下、既に問題点も出て来ています。

広告主は広告を出稿し費用を負担する都合上、名簿のサンプルは当然ながら受け取る事が出来るわけで

そこに町会の個人情報保護の方針に従って頂く強制力は無く

 

誠に微妙な、古い時代の事業スキームなわけです。

この現代においては、町会名簿は町会費など自費で制作、配付するのが一般的になりつつあるのでしょう。

 

しかし自費出版は、想像以上に費用がかかるとの認識をお持ちです。

50万円くらいかかるんじゃないの?という声も聞かれました。

 

しかし実際のところ、工夫次第ではそんなに費用はかかりません。

この日本には、同人誌という文化ががががが

この文化のおかげか、小ロットの印刷は大変リーズナブルになってきています。

 

例えば、当町会に必要な冊子数が270部程度と仮定、300程度制作するとして

表紙に厚紙カラー、中はモノクロ単色、冊子見本付きで概ね8万円~9万円

余裕をもって350部~400部とした場合でも10万円程度で出来てしまいます。

 

但し、これにはいくつかハードルもありまして

電子データによる入稿、それに刷り上がりまでに時間がかかる事

それなりに知識のある方が、しっかりとした入稿データを作成できた場合のみ、このくらいの価格で作成する事ができます。

また、カラー紙や厚紙等を追加すると、都度オプションとして金額が上乗せされていきます。

 

まぁそれでも10万円程度であれば、会員世帯数で割れば1世帯あたり400円~600円程度

町会費で賄えない金額ではありません。

 

今回については既に発注済で色々と動いて頂いてしまっているので、なかなかキャンセルという訳には参りませんが、、

 

会員様のご提案でもありますし、次回以降は自費制作も提案させていただこうと思います。

馴染みの印刷業者様には申し訳ない事ではありますが、、、